恋愛ウーマン

大人の女性のための総合恋愛メディア

永野あきプロフィール

こんにちは、永野あきです。

ここでは、私のプロフィールを書こうと思います。

というのも私はこれまで恋愛で苦労してきて・・・

独身の時も結婚してからも苦労した期間があったのです。

今回、その様子を振り返ってみます。

 

永野あきプロフィール

出  身:大阪府大阪市
血  液 型:AB型
職  業:会社員
家族構成:旦那と子ども3人

 

 

仕事に燃えていた10代後半から20代はほとんど彼氏はいませんでした。

飲み友達はいてたので彼氏・彼女の関係はめんどくさくて・・・

結婚する気もなく自由気ままな一人暮らしを満喫していたのです。

 

でも、転職した会社でいつの間にか不倫関係を。

まさか、自分が・・・と信じられませんでしたがずるずると・・・

 

相手は同じ会社の妻子持ち(2児の父)

私が転職してすぐの飲み会で「俺の子供を世話してくれないか?」と冗談交じりに。

初めは、「なんだこの人?」と笑ってかわしていたのですが、

何度となく言われ続けるとだんだんと・・・

 

そして不倫関係に。

こんなことはダメだとわかっていてももうどうしようもないのです。

 

彼の奥さんは、少し前から宗教に夢中になってしまい、人の為と家を空けてボランティア(?)にでて家事をしなくなったらしい

そんな話を聞いていると彼は何も言わないのに、私と一緒に???と思ってしまうのです。

 

毎日顔を合わせているともう駄目ですね。

 

それまでの友人の言葉には耳を傾けることは出来なかったのですが、そんな私が彼と別れることができたのは、あるアドバイスをもらったからです。

第三者の意見で、今まで色んな人の恋愛にアドバイスをしてきた人。

 

そんな人だったから私も素直に聞けたのかもしれません。

もちろん、すぐにさようならが言えたわけではありません(:_;)

 

そして、友人からの誘いで初めていった合コンで今の旦那と知り合いました。

まだその時は新たに彼氏を作ろうとは思っていなかったのです、ただの人数合わせ。

それは、11月の30歳の誕生日の翌週に行った合コンでした。

 

そして12月には一緒に暮らし正月にはお互いの両親にあいさつして4月に入籍。

そういえば、占いで「今年中に結婚するよ。又は結婚相手が現れる」って言われてたのです!

今では3人の子供にも恵まれて結婚20年を迎えます。

 

あの時に素直にアドバイスを聞いたから。

あの時に一歩踏み出したから。

 

今の幸せな家庭があると思います。

 

でも、今の幸せな家庭になるまでにはいくつかの壁があったのです。

それは、経済面での争いです。

 

主人の会社がリーマンショックの余波を受けて給料が大幅にカットに!

役職手当もなくなり基本給も1割カット。

そのうえボーナスのない年も続きました。

 

主人からもらう生活費は減りますが、収入が減っても使うお金は一緒です。

主人も私もだんだんイライラしてきて遂に主人はうつ病になりました。

 

幸い軽い方だったのか2ヶ月ほど会社を休んだだけで済んだのですが、その間子供たちにばれないように気を付けたのは私です。

主人がストレスを感じないようにする為に金銭面でも私に負担がかかります。

 

でもうつ病の人には攻めてはいけないと書かれている書物や口コミが多く、その通りにするしか無かったのです。

 

こういう時って夢中で誰かに相談するという発想が出てこないのです。

特に身近な人には相談出来ないのです。

 

主人の両親に「あなたの息子はうつ病なので」と言えば嫁の私のせいにされるでしょう。

私の身内にも「心配をかけてはいけない」と思うと言い出せないものです。

なぜか恥ずかしさもあったのです。

 

精神的に不安定な主人は罵倒することも多くなり時々手を上げたりもあったのです。

 

その時の私に出来ることは、初めは相談場所としてYahooの知恵袋に書き込みでした。

書きこみをするだけで少しは気がまぎれるのです。

Yahooの知恵袋では離婚を勧められたことも多く、何度離婚しようかと。

 

それでも、3人の子供はまだ小学生だったので踏みとどまったのです。

 

そしてこの時も電話での占いに相談しましたね。

 

結婚前に出会うと言われて本当に出会った人だし・・・

 

この事のおかげで、私は強くなったと思います。

主人に頼るだけの妻ではなく、いつでも自分一人で子供らを見ていけるようにならないと!と色々と考えるようになりました。

 

自立への一歩は金銭的な事が一番なので、パートをしながらもバイトを掛け持ちし、以前からやっていSOHOの仕事も増やして固定での仕事も見つけました。

そして、パート先が事務所を締める事になった時は、この機会にと45歳で正社員の仕事を探して今の会社に雇ってもらいました。

 

今では会社の給料と副業での収入と合わせると主人の収入を上まっています。

 

あの時離婚していても、養育費をもらえなくても生活には困っていないと思いますが、子供たちのことを考えると踏みとどまって良かったと思います。

 

自分が離婚を意識したおかげで、金銭的な自立手に入れれたのです。

そして離婚を考えた時に、住む場所が必要と中古の家をへそくりで買ったのです。

それも、タイミングよく安い物件が出たのです!なんて運が良かったのでしょう!

 

今はその家を貸していて家賃収入があります。

 

正社員での仕事も社長に頼りにされていて、毎日充実していて仕事が楽しいですね。

ずっと続けている副業での収入もあり、気ままに外食や旅行にも行くことが出来ます。

大好きな韓国にはここ数年毎年行っています。

家族旅行にも海外へ行くことも出来て、国内旅行も毎年行き、エステやマッサージにも毎月通う事が出来ます。

 

ようやく自分にもご褒美をすることが出来るようになったのです。

私が自分自身にお金と手をかけれるようになると、気持ちにも余裕が生まれるので子供たちも喜んでくれます。

息子も娘も一緒にデートしてくれるのです!(^^)!

 

今では主人も落ち着いていて周囲の人からも幸せな家庭と見てもらえていると思います。

 

独身の時は気ままな一人暮らしで楽しかったのですが、今は家族に囲まれながらも気ままな生活を送ることが出来ています。

 

それは、自分への自信があるからだと思います。

経済的な自立を手に入れて心に余裕が生まれました。

 

友人と会い、家族とも美味しいものを食べに行くことで楽しい時間を過ごせます。

そして笑顔と会話が生まれてきます。

 

ジムやエステなどで外見を磨くことで自分に自信を持てて家族も喜んでくれています。

主人も、いつまでもきれいにしている私を喜んでくれています。

 

独身の時から問題なく今の幸せな家庭を築けた訳ではありません。

 

不倫やうつ病・家庭内暴力を乗り越えて今の幸せな生活があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/02/13