恋愛ウーマン

大人の女性のための総合恋愛メディア

私の離婚を後押ししてくれたのは、電話占いでした

2018/05/10

妊娠中に夫の浮気が発覚。怒りと悲しさが入り混じって混乱する私。

離婚したい思いもあるけど、これから生まれてくる子供のことも考えると…。

今後のことを考えると簡単には決められないし、不安なことがありすぎる。

だけど、母にも友人にも、悩みが重すぎて言えない…。

 

離婚問題を一人で抱えていたAさん。

これはAさんが初めて電話占いに踏み切った時の体験談です。

 

スポンサーリンク


疑わしい夫の行動

結婚2年目を迎える私たち夫婦。
仲は特別悪くもなく、やっと新婚気分が終わり、落ち着いてきたところに妊娠発覚。

 

ずっと望んでいた妊娠だったので、夫も私も大喜びでした。

夫は妊娠が分かってからいつもより早く帰ってきてくれたり、
私の体調を気遣ってくれたりと、これまでになく優しくしてくれていたので、
私には子どもが生まれてくることの不安は感じられませんでした。

 

そんな中、私のつわりが始まり、思うように動けない日々が続きました。

朝起きることもままならない日が多く、病院で処置される日も。
最初は甲斐甲斐しくお世話してくれていた夫も、私の体調が優れない日が続くと、だんだんと私を放っておくようになりました。私は、ご飯も作れない自分に負担をかけないようにと、そうしてくれているんだと思っていたのです。

 

ところが、体調が落ち着いていたある日、
洗濯しようと夫のワイシャツをつかむと、なんだかいい匂いが。

夫は香水はつけないし、むしろ嫌がる方なので、不思議に思いながらもそのまま洗濯。

 

その時は問い詰めることはありませんでした。
ですが、帰る時間が夜中になり、そんな日の洗濯物は必ずいい匂いがするのです。

 

疑い始めた私は、夫がいない間に携帯を盗み見ようとしましたが、
以前はメッセージが来ると表示されていたのに、今はメッセージが来たことの通知しか表示されていなくなっていました。

 

疑いが強まっていくたびに動悸が強くなる私。
メッセージを見てやろうと開くと、パスワードがかかっていて、開くことは出来ませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク


浮気発覚

完全に夫が浮気をしていると思った私は、夫を問い詰めました。

最初は「そんなことするはずない」と言っていましたが、私がしつこく問い詰めると浮気を認めたのです。

 

悔しくて悔しくて、でも、夫の前では泣きたくありませんでした。

「私が妊婦で毎日具合が悪いのをいいことに、浮気なんて」

「仕方ないだろ。帰ってもろくに飯も作れない、寝てるだけのお前しかいないんだから」

思わず耳を疑いました。
夫に殴り掛かる勢いで頭に血が上って手が出そうになったけど、
妊婦のせいか思うように体が動かず、その場にへたり込んでしまいました。

 

こんな夫と一生暮らしていくの?
これから子どもも生まれるのに、こんなことを言う人と一緒にいられるんだろうか…。

 

怒りと共に幸せだった時間までもが私を責め立てるように蘇ってくる。

今までの幸せだった時間は嘘だったの?へたり込んだ私に目もくれず出て行った夫。

私が選んだのは、こんな人だったのだ…。

 

その後も深夜の帰宅が続いていましたが、
私にはもう問い詰めるだけの気力はありませんでした。

考えることはただ、「離婚」の二文字だけ。

 

あれだけ結婚を喜んでくれた母には、離婚については相談できるはずもない。

ましてや世間体を気にする人なのでなおさら。

 

友人はみなこれから結婚を控えている人たちで、離婚の相談なんて到底無理。

相談自体は出来るけど、私が傷ついて終わりそう…。

 

それに、離婚するとなれば慰謝料とか、
子どもの養育費とかもちゃんともらえるのかわからない。

 

でも、このまま子どもを二人で育てていけると自信を持って言えるほど私の心は広くない。

 

考えれば考えるほどきりがなく、でも誰にも離婚の相談なんて出来ない。

 

そもそも、私の気持ちは?
私の夫に対するこの気持ちは、誰が聞いてくれるのだろうか?

 

私だって、夫のことが嫌いなわけじゃない。
好きだからこんなに悲しくて、こんなに辛いのに。

 

離婚のことだって、本当にすると決めたわけじゃない。
だからこそ悩んでるのに…。

 

私はお腹の子と二人、まるで世界から切り離されたような感覚になっていました。

 

スポンサーリンク


電話占いを見つける

image246

体調が悪い中、ある日ボーっとネットで離婚を検索していると、
ところどころに離婚について占ってもらったという言葉を発見。

 

その手があったか、と私は離婚と占いをキーワードに検索。

 

すると、電話占いのページにたどり着きました。

 

誰にも言えないことも、占いなら言えるかもしれない。

そう思って、勇気を出して電話をしました。

 

電話に出たのは女性。

せきを切ったように次から次へと不安な事、
これからの事、私の選択は正しいのかわからないこと、全て話しました。

 

「大丈夫。心配しなくても、あなたには支えてくれる人がたくさんいるみたい。彼は変わらないから、あなたはこれからも苦しめられてしまう。だからあまり期待しないで。私には別れる方向でみえてるよ」

 

そう言われ、なぜかホッとしている自分がいました。

 

本当は私を後押ししてほしかったのかもしれません。

これから一歩踏み出そうとする私に、大丈夫と言ってほしかったのかもしれない、そう思いました。

 

離婚を決意した私

image249

その後、夫と何度も話し合い、離婚をすることに決めました。

占いの後、夫の浮気は相変わらず、態度も相変わらずでらちがあきませんでした。

畳み掛けるように浮気はひどくなるばかりで、ついに家にも帰ってこなくなる始末。

 

あの時占い師さんが言っていたことを信じて良かったと思いました。

 

じゃないと、今頃私はさらにこの状況に苦しめられ、
一人ぼっちで孤独を感じながら生活することになっていた。

母になる前に女である私に、愛情のない人生は耐えられない。

愛してくれない人と一緒にはいられないし、彼はきっと父にはなれなかった。

子どもが生まれる前に決断出来てよかった。

 

確かに離婚は不安だったけど、
今後の不安も占い師さんの一言で安心出来たし、
前に進む勇気に変えることが出来ました。

 

これまで誰にも相談できなかったことも
、誰にも言えなかった私の本当の気持ちも、
ここで一気に打ち明けることが出来て、
自分自身とてもすっきりしたし、
口に出すことで気持ちの整理もつけることが出来ました。

 

だからこそ、決意できたんだと思います。

 

今は、もうすぐ生まれてくる子のためにも、
これからは母として強く生きていきたいと前向きに思えています。

-離婚

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。