恋愛ウーマン

大人の女性のための総合恋愛メディア

どうしても略奪婚がしたい!!経験と失敗から学ぶ成功方法

2018/05/10

image231

相手には家庭があるけれど、好きになった人と本当に幸せになりたい。

 

私にも本気で略奪婚を求めていた時期がありました。

何度もやめようと思ったことはあったけど、どうしても諦められなくて、まっすぐ進むことしかできなかった。

でもそんな数々の失敗から学んだことはとても多かった。

 

私自身の失敗と経験から、略奪婚の成功方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク


相手に離婚や自分との結婚を迫らない

一番やってはいけないのがコレ!

自分の気持ちが大きくなりすぎると、相手に自分の想いを知ってほしいし、いろいろ求めたくなる。

だけど、パートナーのいる相手が求めているのは決断を迫ることじゃないんです。

むしろ、決断ができないからあなたと一緒にいるんです。

毎日の喧騒から逃れたくて、自分でもどうしたらいいかわからない時に、癒しを求めてあなたのところにきたのに、「早く別れてほしい」「早く結婚してほしい」そんな言葉を言われたら、逆効果でしかなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク


略奪婚のことは忘れて、一緒の時間はとことん楽しむ

image232

意外と難しかったりするのが、精一杯楽しむということ。

もちろん一緒の時間はこの上なく幸せですが、略奪婚を考えている時期は、これから先もこの幸せは続くのだろうか?本当にこのままでいいんだろうか?とマイナスの思考ばかり働いてくる。

そんな感情は相手に伝わりやすい。

 

マイナスの感情を我慢するのは本当に辛いけど、私はある時から気持ちを切り替えて、自分がとことん楽しんだら相手もきっと楽しんでくれる。

私ともっと一緒にいたいと思って、私を選んでくれるかもしれない、その期待だけを胸に相手に何かを迫ったり、不安な想いを出さないようにしていました。

 

結果は明らかでした!

私と会ってくれる時間が極端に増えた。

相手は、自分のことを理解してくれているんだなという満足感を得たくて会いに来る。

 

だから、略奪婚の始まりは、相手に求めることではなく、自分が我慢することかもしれません。

 

 

スポンサーリンク


核心的な話はポップに

自分だってそんなに強い人間じゃないから、我慢ばかりしていたら辛すぎますよね。

相手が本当はどう思っているのか、聞きたいことは山ほどあります。

どうしても聞きたくて我慢ができない時は、明るくポップに聞いてみることがおススメです!

 

例えば、お酒を飲んで少し気分良く楽しい話をしている時と同じトーンで、必ず笑顔で「どうして私と一緒にいてくれるのー?」と少し甘えた感じで聞いてみるのもいいと思います。

 

急に真面目な顔になったりすると、こういう時の相手は構えて本心を言ってくれなくなるけど、明るく聞かれたら同じノリですんなり答えてくれたりします。

そこで相手の本心が聞けたら、そこをとことん頑張ればいい。

 

皮肉な話、相手は自分との結婚を考えていないんだな、ということすらわかったりする。

でもそれでも、取り乱してはいけない、明るくいなきゃいけない。

核心的な質問をする時は、マイナスの回答も受け止めなければいけない覚悟も必要ですね。

 

略奪婚を狙うにしても、期限は決めておく

image233

略奪婚には時間が必要です。

こちらから決断を迫ることは逆効果だから、相手が自分で決断してくれるのを待っていなきゃいけないんです。

既に守るべき家庭があって、でもそれを捨てて新しい決断をするということは、どんな人であっても簡単な話ではないはずです。

ましてや家庭のことなんて、夫婦2人しかわかりえないこと。

そんな話を私たち他人がどうこう言うことなんてできないんです。

 

だけど、先の見えないままひたすら待ち続けて、ずるずるその関係を続けていくことは絶対によくない。

 

だから必ず期限は決めてほしい。

相手の状況を踏まえた上で、自分の将来設計を考えて、じっくり悩んで決めて、そして、タイミングはとても難しいけど、その期限を相手にも伝えてほしい。

 

きちんと2人の信頼関係ができてから、相手が自分のことを大切に思っていてくれていることがわかってから、「○○歳までには結婚したいから、それまでは一緒にいたいな」とかそんな感じでいいと思います。

あくまでもプレッシャーをかけないように、これもポップに、だけど誠実に。

 

あなたのことを本当に大切に思っているならば、ここで初めて相手はハッと気付きます。

自分が決断しなければならないことに。

 

いわばここが、略奪婚の始まりかもしれませんね。

 

まとめ

略奪婚を本気で成功させたいと思っているなら、

  • 相手にしつこく迫らない
  • 一緒の時間は楽しんで楽しませる
  • 核心的な話はポップに
  • じっくり考えて期限を決める

略奪婚は本当に我慢の連続です。

言いたいこともなかなか言えないのです。

それでも相手のことが好きだからと前に進んでいるあなたは、もう既に大きな覚悟をしていると思いますが、略奪婚をして幸せになることに加えて、自分が相手を幸せにしてあげるんだという覚悟も大切かもしれません。

-略奪愛

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。